治療メニュー

治療メニュー

QRコード

初めての方限定

電話でご予約の方
018-836-0968

LINE@

お得なキャンペーン情報や
歯の豆知識などを配信中!
お友だち登録はコチラ♪
▼▼
歯ブラシプレゼント♪

—友達追加

CLOVER DENTAL @cxf1344f

親知らず治療

親知らずの話

親知らず親知らずは、上あごと下あごに2本ずつ合計4本あります。
しかし、4本がきちんと生えてくることはまれで、歯の元になる種はあっても歯ぐきや顎の骨に埋もれたまま生えてこなかったり、最初から歯の種がなく生えてこない場合があります。
これは親知らずが退化する傾向にあり、将来私たちの体から消えていく運命にあるからだと言えます。
親知らずが生えてくるのは18〜24歳頃です。名称の由来は「昔ならそろそろ親と死別する時期に生えてくるから」「親が歯の生え始めを知ることがないから」などいろいろな説があります。
正式には、智歯(ちし)または第三大臼歯と呼ばれています。

親知らずがトラブルを引き起こす原因とは?

親知らずのトラブル親知らずが生えてきても、何も悪さをしなければ気にすることはないのですが、他の歯がすでに生え揃っているところに生えようとするため、きちんと生える為のスペースが不足していることが多く、生えてくる段階で歯が曲がったり、傾いたり、手前の歯にくっついたり押したりして、周りの歯や歯ぐきに負担をかけてしまいます。
また、親知らずは一番奥に生えてくる為、歯が生えた後に汚れがたまりやすく、ムシ歯や歯周病になる確率が高いことが挙げられます。
しかも、その時は手前の奥歯を道連れにすることが多く、とてもやっかいです。

親知らずの治療法

親知らずがきちんと生えていない場合の多くは、抜いてしまうケースがほとんどです。
これは治療するにも歯が奥過ぎたり、歯の形がおかしかったり、的確な治療とメンテナンスができないと判断されるためです。親知らずが生えている方は、まずは磨きにくい場所なので、なるべく汚れを残さないよう歯磨きをするようにしてください。

親知らずの抜歯(下の歯)

親知らずの抜歯の流れその1〜2

親知らずの抜歯の流れその3〜4

親知らずの抜歯の流れその5〜6

親知らずの抜歯の流れその7〜8

親知らずの抜歯(上の歯)

親知らずの抜歯の流れその1〜2

親知らずの抜歯の流れその3〜4

親知らずの抜歯の流れその5〜6

親知らずの抜歯の流れその7〜8

親知らずを抜いた後の注意

親知らずを抜いて、麻酔が切れた後の痛みは、だんだん弱まっていくのが普通です。ところが、抜歯後、2~3 日経ってから次第に痛みが強くなっていくことがあります。それが「ドライソケット」です。

ドライソケット